ゴルフ好きの女の子人気女子ゴルファー、古閑美保選手が2011年9月27日、引退を発表しました。
 
通算12勝、08年には賞金女王となった古閑選手はまだ29歳(当コンテンツエントリー時)です。
 
いかにも早すぎる気がしますが、報道によると古閑選手は09年から左手首の故障に悩まされていたそうです。

2011年のシーズンは7試合に欠場し、出場した15試合中6試合で予選落ちしていました。
 

 
「完治は難しい」と診断されていることから、古閑選手の意向で「長期休養」ではなく、「引退」を表明したのだとか。
 
ゴルファーであれば、腰、ひじと並んで手首は最も故障しやすい個所です。
 
右打ちゴルファーは左手首を傷めるケースが多くなっています。
 
どのような理由でケガをするのかというと、

・深いラフやバンカーなど抵抗の大きいショットの際
・スイングのしすぎによるオーバーユース
・何かのはずみで手首のスナップを使ってしまった
・路上のボールをヒットした際

・・・といった事例がありました。
 
プロではないゴルファーでも、熱が入ってしまうとつい無理なショットをしたり、練習をやりすぎたりしてしまうものです。
 
気温が低い季節は、ケガのリスクが上がります。
 
いくら真剣にやると言っても、趣味で身体を傷めては楽しめなくなるので、「このショットは注意すべきかも」「ちょっとスイングのしすぎかな?」など注意する意識は必要ではないでしょうか。
 
そのほうが結局はゴルフを長く楽しめるはずです。

  • 絶対!100切りプロジェクト
  • 竹内雄一郎ティーチングプロの動画教材です。「正しい練習法」「コースマネジメント」「絶対脱出するバンカーショット」「ラウンド前の6ヶ条」など、100切りに必要な内容に特化しています。

カード窃盗 西村友希プロ 女子プロゴルファーの苦境

大変残念なニュースがありました。
 
西村友希、クレジットカード盗み逮捕…女子ゴルフ
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121116-00000215-sph-golf
 
西村友希プロが山形県内ゴルフ場の更衣室でクレジットカードを盗んだとして11月15日に逮捕されたのです。
 
この件に関連して、女子プロゴルファーの経済的苦境を伝える報道もあります。
 
盗んだカードで鴨しゃぶ? 女子プロゴルファーの超厳しい現実
news.livedoor.com/article/detail/7152934/
 
こちらの記事では以下のように報じられています。

・西村プロは08年にプロテスト合格
・これまで4試合に出場し、生涯獲得賞金は86万円
 
・今年(2012年)は賞金ゼロ
・現在約800人いる女子プロのうち、年間賞金1000万円以上獲得しているのは60人
 
・600人以上は獲得賞金ゼロ
 
・ツアーに参加するには宿泊代やエントリーフィーなどの経費が10万円近くかかる
 
・生活費を稼ぐためにレッスン料を稼いだり、中にはキャバクラでバイトするプロもいる

女子プロだけでなく男子プロも現状は似たようなものではないでしょうか。
 

 
考えてみれば、試合で上位に入賞したり、メディアで頻繁にとりあげられて脚光を浴びるプロは大体決まっており、数えられる程度です。
 
ゴルフに限らず、プロスポーツの世界は似たり寄ったりでしょう。
 
実力勝負のプロの世界はさすがに厳しいですね。といっても犯罪を犯していいという話にはなりませんが。
 
苦労してプロになっても、その後さらに厳しい世界が待っているというわけです。
 
余程の覚悟と根性がない限り、ゴルフは趣味として楽しむのが良いのかもしれません。
 
※参考
子供をプロゴルファーにするには 始める年齢や金額