ゴルフ好きの女の子アドレスに限らず、岡本綾子プロは「ゴルフはシンプルで、オーソドックスな方が良い」という考えです。
 
それは不調に陥ったとき、基本を見直す際にはシンプルなほどチェックが簡単だからです。
 
そのため、アドレスもシンプルにスタンス、ヒザ、腰、肩の全てが飛球線と平行なものが一番だと考えています。

つまり「まずは全てをスクエアに」を心がけるわけです。
 
そのアドレスの具体的な作り方は以下のとおりです。

1 ボールの後方に、目標へ向けたクラブを1本置く
 
2 その後、ボールに対して普通にアドレスし、その時の両つま先に合わせてクラブを置く

 
1と2のクラブが平行になっていない場合、スタンスがスクエアでないということになります。
 
平行になるよう調整し、スタンスし直しましょう。
 

 
その後、

3 両膝に別のクラブを当ててつま先に合わせたクラブと平行になっているかをチェック
 
4 続けて脚の付け根、両骨盤、両肩それぞれにクラブを当て、つま先のクラブと平行かどうかも確認

 
以上でつま先、ヒザ、腰、肩の全てがスクエアになっているかどうかがチェックできました。
 
ここで初めてショットの練習を本格的に行います。
 
間違ったアドレスで飛ばそうとしても、いざショットが崩れてしまった時に立ち返るべき基本のアドレスがあやふやになってしまいます。
 
「まずは全てをスクエアにする」と心がけておけば、スタンスを変えるだけでフェードとドローを打ち分けることが可能です。
 
ちゃんとした基本を身につけることが結局は上達への早道なのです。
 
 
岡本プロのアドバイスをもうひとつ。
 
ダウンスイングを安定させる方法です。
 
それは
 
「右ひじを右腰骨にぶつけるつもりでクラブを下ろす」
 
です。
 
これを意識すると実際には右ひじが右腰骨の前に来ます。
 
あらかじめアドレス時に右ひじを地面に向けておくと良いでしょう。通常のグリップで右ひじをわずかに内側に絞ればこの形になります。
 
この意識が徹底すれば、ダウンスイングで重要な
 
「クラブが立ったままの状態で振り下ろされる」
「グリップエンドをボールに向けながら振り下ろす」

 
こともクリアできます。
 
これによりトップまでの軌道が安定し、ダウンでも右ひじが内側に下りやすくなります。
 
ここで一つ注意すべきなのはダウンスイングの途中でコックをほどかないことです。
 
コックがほどけてしまうとヘッドがすぐに落ちてしまって「タメ」が作れません。
 

 
これを防ぐためには右手の親指と人差し指を締めることが大切です。
 
右手人差し指の付け根にパワーを感じられればスイングのタメができていることになります。
 
※ダウンスイングについてはダウンスイングでのチェックポイントまとめコンテンツもご覧ください。
 
ちなみに、岡本プロはゴルフを「心拍数を上げてはいけないスポーツ」だと考えているそうです。
 
岡本プロは、コースに出ることが少なくなる冬などにはチューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えると共に、心拍数と心肺機能を自分でコントロールできるよう心がけています。
 
プレー中に心拍数を上げないよう心肺機能を強化し、スコアアップの助けにしようというわけです。
 
岡本プロは「ラウンド中でも、深呼吸などをすることにより心拍数を自分でコントロールできれば、スコアにも良い影響が出る」と語っています。