ゴルフ好きの男の子真っすぐ飛ばすことを前提にするドライバーショットでは、「スクエアに当てる」のが理想とされています。
 
インパクト時にフェースが開いて(閉じて)いると、打球の曲がりを招いてしまうからです。
 
しかし、藤田寛之プロはドライバーショットのインパクトでフェースを少し閉じ気味にして当てるそうです。
 
それはなぜでしょうか?

藤田プロがドライバーのインパクトでフェースを閉じ気味に当てるのは、
 
 
ボールに当たった瞬間ヘッドが押し戻される(開く)ため
 
 
です。
 
その開く分を考慮して、少し閉じておくわけです。
 
言い換えるなら、インパクト時にスクエアに当たると、ボールに押されてフェースが開き気味になる(ボールは右に出る)のです。
 
ドライバーの名手・藤田プロの安定したショットには、こうしたポイントがあるのですが、この「スクエアなインパクト」を成立させるためには、ヘッドの軌道がストレートでなくてはいけません。
 
藤田プロのスイングを超高速カメラで解析すると、右足の前からフェースがボール側を向き、そのままヘッドが真横に移動してボールをヒットすることがわかっています。