ゴルフ好きの男の子ユーティリティクラブは別名をハイブリッドとも言うように、ウッドとアイアンの中間的なクラブです。
 
また「ユーティリティ」の名の通り、本来は非常に使えるクラブなのですが、「ウッドとアイアンのどっちつかず」という中途半端なイメージを持ってしまうと、意外と敬遠されることもあるようです。
 
これは非常にもったいない話で、使い慣れればユーティリティはスコアメークの強い武器になるのは間違いありません。
 


使いどころとしては、「実にいろんなところで使える」と言えるでしょう。
 
ボールが半分くらいしか見えないラフから、あるいは浅ければフェアウェーバンカーからでもユーティリティを使うと意外とあっさり出せることがあります。
 
ユーティリティは対応できる範囲が非常に広いため、「クラブはドライバー、ユーティリティ、ウェッジ、パターがあればOK」なんてことを言う猛者もいるそうです。
 
これはやや極端としても、それだけユーティリティは使えるクラブということです。
 
また、ユーティリティには(個人的な意見では)「結構飛ばせる」というイメージがあります。高く上がらなくても、転がってくれることが多いのです。
 
いろんな場面で使え、しかも意外と飛んでくれるとくれば、使うしかありません。
 
ユーティリティに対して
 
「初心者が使うもの」
「上手くなったら使わない」

 
といったイメージが一部の人にはあるようですが、プロでも使っているのですから、アマチュアの我々が使わない手はありません。
 
ちゃんと認められたクラブですし、使ってスコアがアップすれば誰も文句は言えないはずです。
 
これまでユーティリティをあまり使っていないのであれば、試しに使い倒してみてはいかがでしょうか?
 
スコアアップの強い味方になってくれるかもしれませんよ。

ユーティリティーのアドレスの入り方

ユーティリティーを使う際のアドレスの入り方を人から教えてもらいました。
 
スポーツ新聞に掲載されていた内容です。

まずは右足を飛球線に直角に置く

右手だけでフェースをスクエアにセット

両手でグリップ

左足、右足の順でスタンスをとる

 
スタンスよりも、フェースをターゲットにしっかり向けることを優先します。「フェースにスタンスを合わせる」意識でアドレスするわけです。
 
上でも指摘しているように、ユーティリティーは使いこなせばスコアアップの非常に強い味方になってくれます。