ゴルフ好きの女の子ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) に、前田陽子プロによる3W(FW)スイング解説記事がありました。

前田プロは、FWをこのように考えています。

「ティアップしている1Wだと、体重移動が上手く出来ていなくても当たります。
 
アイアンは短いので体重移動を感じにくい。その点、FWは長いので覚えやすいですよね」

つまり、「3番ウッドは体重移動を覚えやすいクラブ」なわけです。
 
それでは、と右から左へ思いっきり体重移動・・・するわけではありません。
 

 
前田プロは、FWでの体重移動を両足の内側で行うと解説しています。これだと、軸ブレせず、かつ再現性も高く、芯で打てるスイングが可能なのです。
 
両足の外側まで体重をかけると、軸がブレてしまううえに左足への踏み込みもできなくなります。
 
意識するべきポイント・注意点を挙げます。

・足の内側に体重をしっかり乗せるためには、右足に胸を覆いかぶせるように前傾したまま、体を回す
 
・切り返しはヒザから、次に腰、肩の順で。下半身から徐々にネジレをほどくことで、軌道を安定させる
 
・腰から切り返してはダメ。肩も一緒に回りやすく、カット軌道になり芯でとらえられない

 
3Wは地面で打つ最も長いクラブなので、体重移動を覚えるにはもってこいです。
 
「内側で体重移動」は、軸ブレ・インパクトのブレがないスイングへの第一歩です。
 
FWでのポイントをもうひとつ。「右肩の下がり」を防ぐ方法です。
 
 
FWを得意とする森美穂プロは、
 
「アマチュアの人は球を上げようとする意識が強くて、体重が右に残る人が多いですね」
 
と指摘します。右足に体重が残るとあおり打ちを招くのです。
 
この「体重の右足残り」を防ぐ、森プロおすすめの解決法があります。
 
それは
 
ダウンスイングで右手の平をずっと下に向けておく
 
ことです。
 
右手の平が上を向いてしまうと右肩が下がり、体重がどうしても右足に残ってしまいます。それを防ぐために、右手のひらは下に、を意識するわけです。
 
これにより、
 
・右サイドは高い位置をキープできる
 
・左足にしっかり踏み込めるので芯に当たり、高さも出る
 
ようになります。
 
手のひらを下に向けることで右肩下がりを防ぎ、結果的に右足体重残りも防げます。
 
 
(管理にも含め)苦手意識を持ちがちな3Wですが、これらのポイントを意識して練習し、どうにか打ちこなせるようになりたいものです。
 
このコンテンツはALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2015年11/12号34~35ページを参考にしました。