ゴルフ好きの男の子次の一打がOBや池がらみという時、ゴルファーなら誰でも「嫌だな~」というネガティブな気持ちになったことがあるはずです。
 
こういう時の対処法はネット上にもいろいろ紹介されており、ゴルファー独自のやり方もあるでしょう。

このコンテンツでは、横田真一プロの「プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ」155~160ページから、片山晋呉プロの対処法を紹介します。

片山晋呉プロ「嫌だな君」を「無い」ことにする

「嫌だな」と感じると、誰でも多少は交感神経が優位になって緊張します。
 
これがあまりに過度になるとスイングのリズムが崩れ、ミスにつながります。
 
たとえプロであっても「嫌だな」と感じることに違いはありません。
 
それを片山プロは「嫌だな君」と呼んでいて、「嫌だな君」はコースの各所に出現します。そんな時、片山プロはこう考えるそうです。

片山プロは「嫌だな君が出てきたら、その存在を消すんですよ」と言います。
 
嫌だな君というのは
 
「OBになったら嫌だな」
「バンカーに入ったら嫌だな」
 
という不安感がその正体ですから、これを消すには「なったら嫌だな」という気持ちを「なってもいい」という気持ちに変えればいいんです。
 
つまり、「OBになってもいい」「バンカーに入ってもいい」と思うことで、実際には目の前に「ある」のに「ない」という精神状態にすることができます。

要は「そこに打ちたくない」と考えるから交感神経が優位になるわけで、「別に打ってもいいや」と開き直ればその対象は障害ではなくなります。
 
「気の持ちよう」で心の平常を保つわけです。
 
横田プロの解説です。

これは難しいように思えますが、実は多くの人がすでに実行できていることです。
 
たとえば、スライスを打つ人は左にOBがあっても気になりませんよね。
 
これはどういうことかというと、まさしく左にOBが「ある」のに「ない」状態です。
 
誰でも「ある」のに「ない」状態はつくれるのです。

本の中で横田プロは、「交感神経と副交感神経のバランスを保つのが大事」と強調されています。
 
「嫌だな君の存在を消す」方法でメンタル面をケアしてみて下さい。

それでも緊張してしまった時の対処法

とはいえコースに出れば、どうしても緊張してしまう場面はあります。
 
例えば・・・
 
・朝イチのティーショット
・コンペでの勝利を決めるパット
・自己ベストを更新できそうな時のパット
 
ですね。
 
こういう緊張した場面でありがちなのは、スイングが速くなってしまうこと。
 
スイングが速くなると、アマチァアゴルファーでは体が開いてスライスが多くなります。
 
こういう時はどう対処すべきでしょうか?
 
「速くなるんだったら、ゆっくり振るよう心掛ければいいのでは?」と考えがちですが、横田プロによると、これは正しい対処法ではありません。

結論から言うと、極度に緊張している場面で、速くなるスウィングリズムをゆっくりさせることは難しいです。
 
なぜなら、交感神経が優位になっている状態を完全に落ち着かせるのには1時間はかかると言われており、そうでなくても心臓がバクバクしていれば、体のリズムが速くなるのは抑えきれません。

それではどうすればいいのでしょうか?
 
横田プロは「交感神経が優位に立っているときに『逆らわない』」という方法をとります。
 
具体的には・・・

そういうときは無理にリズムを変えるのは不可能なので、逆に普段よりも速いリズムを心がけて打ってみるのがお勧めです。
 
いわゆる開き直りに近いもの。
 
速くなっている体内リズムを落ち着かせようとしないで、そのスピードに合わせてあげる。
 
速い動きにブレーキを使うのではなく、アクセルを使って動きをスムーズにするように心がけるのです。

緊張してスイングが速くなっていると感じた時は、ティショットもパットも全体のテンポを少し速くしてみましょう。
 
「遅くしよう」とするよりもスムーズに打てるそうです。
 
「嫌だな」と感じたり、緊張する場面があったら試してみて下さい。
 
スイングにおいてはしばしば「ゆっくり」が強調されますが、緊張した場面では「ちょっと速めに振ってみようかな」というのもアリではないでしょうか。