ゴルフ好きの男の子現代はゴルフに関する情報もネットに氾濫していて(かくいう当サイトもそのひとつですが)、上達の参考にするための知識を得るのは難しくありません。
 
しかし、あまりにも情報が交錯しているため、相反する主張が存在しているのも事実です。
 
「手首の返し」についての考えもそうです。

あるサイトでは「返す」といい、一方では「返さない」とする記事もあります。
 
これはどちらが正しいのでしょうか?
 
芹澤信雄プロによると、結論としては手首は返すのが正解です。
 
それでは、なぜ「返すな」と言われるのでしょうか?
 
雑誌「GOLF TODAY」2014年 06月号90ページに掲載されている芹澤プロの解説では、以下のような理由が挙げてあります。

・プロや上級者は意図的に返していない。
 
・厳密には「クラブをオンプレーンに振ったら、自然に返る」
 
・昔のクラブ、特にドライバーは重量が重く、自然に返りやすい部分があった
 
・そのため、手首の返しを意識したら引っかけのリスクが上がり、「手首は返すな」と主張されることがある
 
・それに比べて今のクラブは重量が軽く、しかも長くなっているため、振り遅れるケースも増えてきた
 
・それを考慮すると、正しい返し方を覚えて、意図的に行ったほうが良いスイングができる

それでは、手首が自然に返った形とはどういうものでしょうか?
 
剣道のメンのように胸の高さで立てて持ちます。
 
その状態から身体を右にひねってみて下さい。
それがトップでの手首の形です。
 
同じように、左にひねってみましょう。
それがフォローでの手首の形になります。
 
左右どちらでも、クラブが立っていることが重要です。
 

 
手首を返す感覚がつかめない場合、芹澤プロは
 
下半身を動かさず、上半身と腕だけでスイングする
 
よう勧めています。
 
ダウンスイングから手を返して、フォローでシャフトを立てる、という動作を連続でやると感覚をつかみやすいのです。
 
 
注意点もあります。
 
・身体が開いてしまうと手首が返らない
・腰が引けるとただのひっかけになる
 
下半身を動かさず上半身だけで振るのは、この注意点を意識する意味もあります。
 
「素振りでは手首を返せるけど、ボールを前にすると上手くいかない」というケースもあるでしょう。
 
そんな時、芹澤プロは次のようにアドバイスしています。
 
・スイング中は左ひじを真下に向けるよう意識する
・左ひじは常に身体の近くを通す

 
実際にやってみるとわかりますが、手首がうまく返るスイングでは左ひじが常に下を向いています。
 
手首を意識してうまくいかないなら、左ひじを意識してスイングするのです。
 
左ひじの動きは手首よりもゆっくりですし、体に近いため、人によっては手首を意識するよりもわかりやすいことがあります。
 
「手首は返さない」という前提でスイングしているゴルファーも、「左ひじを下に」という考えなら、受け入れやすいのではないでしょうか。
 
手首の返しに悩んでいるなら、参考にしてみて下さい。