左上がり斜面からのショットで最も注意すべきなのは、右肩が下がりすぎることです。
 
右肩が下がり過ぎると、
 
・クラブが下から入り、すくい打ちになる
・スイングの軸がぶれやすい

 
といった弊害があります。

左上がりの斜面であっても、上半身は平地と同じを心がけましょう。
 
上半身は平地と同じに、下半身は膝を曲げ気味にしてクッションを生かしましょう。ただし両膝は斜面と平行で構いません。
 
膝をクッションのように柔らかく使い、膝の曲げ具合で上半身を平地での構えに近づけます。
 
膝を曲げ気味にすると腰が安定し、バランスもとりやすくなります。

左足上がり斜面でFW ポイント ひざ 腰 上半身

斜面でフェアウェイウッド(FW)を使うのは勇気がいるものです。(私などはFWで打とうという発想自体がほとんどなくなってしまいます)
 
雑誌GOLF DIGEST 2012年 11月号に、今井克宗プロの「斜面を消して差し上げよう」という特集がありました。
 
ポイントを押さえれば、左足上がりの斜面でもFWを使えるそうです。
そのポイントをまとめて紹介します。
 
意識するべきポイント

◆膝
・膝は斜面と平行にし、膝のクッションをうまく使う
 
・特に右ひざを柔らかく使い、バランスをとる 
 
・膝の曲げ具合で傾斜を調整する
 
 
◆上半身
・上半身は平地と同じ構えにする 
 
・左足上がりだからと右肩を下げすぎない(下げすぎるとあごが上がりやすく、過度のアッパーブローになってしまう) 
 
 
◆腰
・膝を使うと、腰もどっしりとして下半身が安定し、軸がブレない

 
今井プロによると、両膝をうまく使えば斜面を消すことができ、逆に斜面を感じるアドレスでは軸を保つのが難しくなり、スウィングが複雑になってしまいます。