気温が下がる冬のラウンドでは、凍った地面からアプローチする場面もあります。
 
そんな時、クラブは何を選択しますか?
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2018年3月号56ページを参考にしています)

ウェッジはイマイチ自信がないし、かといってパターで打つにも距離がある、などクラブ選択に迷った時、北野正之コーチは
 
7番アイアンでの吊るし打ち
 
を勧めています。
 
7番アイアンをパターのように使うのです。
 
アイアンはフェース面が広いので当たりやすく、当然パターよりも距離が出ます。
 
アイアンをパターのように使う吊るし打ちでは、打ち方もパターに近くなります。
 
ポイントは以下のとおりです。

・グリップはパットと同じ
 
・アドレスもパットのように短く持ち、クラブを吊る感じで持つ
 
・パットのように構えることでヘッドのヒール側は浮いている 接地しているのはヘッドの先端部分だけなのでダフり、トップのいずれも防止できる
 
・ヘッドの重さを感じながら、クラブを振り子のように動かしてヒットする

 
ロフトがあるので、パットよりも少し大きめに振ります。ピンまで距離がある場合は番手を上げましょう。