ゴルフ好きの男の子雑誌「ゴルフ・トゥデイ」を読んでいたら、飛ばすためのコツに関する記事がありました。
 
これまでにこのサイトで紹介していない内容で、しかも簡単に実践できそうなので、ポイントをまとめてみます。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2016年 2月号54~55ページを参考にしています)

原江里菜プロは、アマチュアがドライバーで飛ばせない理由を
 
「上体が開くことでフェースも開くことが原因であるケースがほとんど」
 
としています。
 
ダウンスイングにおいて、早いタイミングで上体が左を向いてしまうわけです。
 
これは、インパクトでボールを当てようとする意識が強すぎて、気持ちだけが先行して体が開き、振り遅れやフェースの開きを招いてボールが飛ばないのです。

フェースが開くと、インパクトでボールをつかまえられません。
 
それでは、この「早すぎる体の開き」を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?
 
原プロは、意外と簡単な心がけを勧めています。
それは
 
トップで右足の前に視線を向け、そのままクラブを振り下ろす
 
ことです。
 
これだけで、上体の開きを遅らせることができ、クラブの通り道ができてインサイドから振り下ろせます。
 
また、フォローで自然にヘッドが返るのでボールがつかまり、ドローボールになって飛距離も伸びます。
 
フォローでも視線は右足の前をキープします。
これにより、上体の開きを完全に防げます。
 
ダウンスイングからフォローまでずっと下を向くイメージで、クラブが体を追い越す感覚を意識しましょう。
 
「ずっと右足の前を見ておく」のは、打ちっぱなしでも意識するのは簡単ではないでしょうか。
 
体が開いている自覚があるゴルファーは特に、一度試してみてはいかがでしょうか。