ゴルフ好きの女の子このサイトでは、「力を抜くための素振り」をいくつか紹介しています。
 
「ごくゆっくり振る」「すごく軽いものを持っている意識で振る」など、自分に合う方法を実践しているゴルファーも多いのではないでしょうか。
 
雑誌「GOLF TODAY」に、竹村真琴プロの「ホース素振り」の記事がありました。

ラウンド前の朝練習で、球に合わせるようにスイングしてしまうことはないでしょうか?これでは、いざラウンドが始まっても手先で打ってしまい、球が曲がりがちになります。
 
それを防ぐのが「ホース素振り」なのです。
 
竹村プロいわく、「左右に振ったときに、ホースが体に巻きつくようにビュンビュン音を立てて振って下さい」とのことなので、かなりハデに振ってよさそうです。
 
(このコンテンツは雑誌GOLF TODAY 2014年 05月号90~91ページを参考にしました)
 

 
この練習法には次のようなポイントがあります。

・両腕に力を入れない
 
・遠心力を感じて、ヘッドが走る感覚をつかむこと
 
・ホースを体に巻きつかせる
両腕の三角形を保つ気持ちが強すぎると、両腕に力が入ってホースはトップとフィニッシュで体に巻きつきません。

 
両腕を柔らかくしてフェースを返すように積極的に振ります。
 
ホースが無い場合は・・・
 
・クラブの水平素振りで遠心力を感じて両腕を返す
文字どおり水平に振る素振りも有効です。
 
 
力を抜いて振り、ヘッドの重みを感じましょう。
両腕を柔らかく使ってフェースを返すように振れればOKです。
 
※スイングドクターはホース素振り同じ原理で練習するアイテムです
柔らかシャフトのロジャーキングスイングドクター評価は
 
また、この記事には、次のような練習法も紹介されています。
 
◆曲がりやヒッカケなどを球の位置で修正するには
 
朝の練習でミスが発生した場合、スイングを変えるのではなくボールを置く位置で修正する方法があります。
 
修正の仕方は以下のとおりです。
 
スライスが多い→通常より1個分遠くに置く
ひっかけが多い→通常より1個分近くに置く
打球が高すぎる→通常より1個分右に置く
打球が低すぎる→通常より1個分左に置く

 
これはいわば「球の位置で球筋を変える」方法で、スイングはいじらないのがポイントです。
 
練習だけでなく、もちろんコース上でも使えます。
 
コツをもうひとつ。
 
◆クラブを持ち、丹田を意識して身体を回す素振り
 
お腹の前で、クラブを両手で支え持ち、へその2cm下の部分を引っ込めます。
 
この部分は「丹田」で、ここを意識して引っ込めることで体幹が安定し、バランス向上につながります。
 
つまり、ティショットのスイングバランスがよくなるのです。
 
まずは練習場で試してみて下さい。