ゴルフ好きの男の子このコンテンツを作成しているのは夏真っ盛り。
 
ラフの芝が伸びまくっています。
 
私の場合、いまの時期のラフから打つ際、つい忘れてしまうことがあります。

それは何かというと、
 
芝に乗った状態なので、ボールはわずかに浮いている
 
という事実です。
 
見た目ではぼんやりと認識していても、それに対応する打ち方をしているかというと、そうではありません。
 
せいぜいフェースを少し開くくらいで、「浮いているからこう打とう」という意識や対策みたいなものはほとんどナシ。
 
そのせいか、この時期のラフからのショットは毎回「アレ?」といったものばかり。(致命的にミスする、というわけではないのですが)
 

 
当サイトを訪問して下さるゴルファーの皆様は、浮いているボールに対応する打ち方を意識されているのでしょうか?
 
雑誌「GOLF TODAY」に、「ちょい浮きラフの完全攻略法」という特集がありました。
 
夏のラフからの打ち方のコツがまとめられているので、ポイントをピックアップして紹介します。
 
(このコンテンツは、雑誌GOLF TODAY 2014年8月号89~99ページを参考にしています)
 
 
記事によると、夏のラフに入ったボールは「ちょい浮き」しているケースがほとんどで、割合としては以下のとおりです。
 
■ティアップしたようにボールが完全に浮いている・・・10%
 
近づくと三分の二ほどボールが見えて、真上から見て芝がボールにかかっていないケース。
 
ボールは完全に浮いていて、ティアップしたように、地面との間に指2本分ほどの空間があると考えられる。
 
 
■芝の葉や茎にボールが乗っている「ちょい浮き」状態・・・80%
 
近づくと二分の一ほどボールが見える。上から見るとボールが芝に少しだけかかっている。
 
一見地面と接しているようだが、実際にはボールと地面の間に空間がある。これを考慮したスイングをしないと、思うようなショットは打てない。
 
※10メートル離れてもボールの頭が見えるのであれば、それは「ちょい浮き」と判断できる。
 
 
■完全に沈んで接地している・・・10%
 
近づくと三分の一ほどボールが見えて、上から見ると芝がボールを包み込むように覆っている。
 
秋や冬のラフは芝の密度が少ないので、ボールが接地することはあるが、夏場にはほとんどない。ロフトの大きなクラブで脱出を優先する。
 
 
つまり夏のラフに入ったボールはほとんどが浮いているわけで、これに対して打ち込むスイングをしてしまうと、ラフから脱出できません。
 
打ち込むとヘッドが深く入るので、特にアイアン・ウェッジではフェースの上部に当たってしまい、飛距離のバラツキが多くなってしまいます。
 
なので、夏ラフから打つ際には、ほとんどのケースで
 
ヘッド軌道がゆるやかな、払うような打ち方を心がける
 
必要があります。
 
払い打ちを意識すれば、ボールをフェースの芯でとらえられて飛距離も出るので、ラフから確実に脱出できるのです。
 
ただし、ラフに埋もれて接地しているケース(10%)では、打ち込み気味のスイングでOKです。
 

 
さらに具体的な打ち方を、クラブ別・ケース別に紹介します。
 
 
◆アイアンで打つ
 
ボールが完全に浮いているケース
・ティアップしていると考える
・飛距離が出ないので打ち込みは禁物
・体重移動せず、払い打つイメージでスイング
 
・ラフではフェースを開くことが多いが、このケースではフェースはまっすぐでOK
・頭は残したままで、突っ込まないように意識する
 
 
ボールがちょい浮きしているケース
・「オープンスタンスでフェースを開いて左に振る」と覚える
 
・左足を少し後ろに引いて、オープンスタンスに構えるのがセオリー
・クラブは短く持ってコンパクトに振る
 
・フェースを少し開くとソールが滑り、芝の抵抗が少なくなりスイングがスムーズになる
・スクエアなフェースはネックに芝が絡まりやすい
 
・体重移動は意識しない ヘッドで芝の先を切るイメージで払い打つ
・スタンスにそって左に振りぬくとフォローしやすい(インに引きすぎないように注意)
 
 
ボールが完全に沈んで接地しているケース
・上のケースより、さらに多めにフェースを開く それにより、ヘッドの抜けをよくする
 
・1~2番手を下げる
・左足体重で構え、そのまま上から下に振る
・自然とダウンブローになる 打ち込む意識でOK
 
 
次のページでは、夏ラフからのアプローチの方法について紹介します。