ゴルフ好きの男の子ゴルフのプレーオフは「精神力」と「運の良し悪し」が試される、ゴルファーとしての「強さのバロメーター」を計る場だと言われます。

主な選手の勝率(06年 2月時点)を挙げます。

タイガーウッズ 9割9分
フィル・ミケルソン 8割7分5厘
ビジェイ・シン 7割7分8厘
サム・スニード 7割6厘
トム・ワトソン 6割9分2厘

 
とウッズ選手の強さがずば抜けていることがわかります。
 
ウッズ選手は07年の8月、全米プロで4度目の優勝を飾り、連覇を果たしました。
 
今回の全米プロでウッズ選手は2日目で首位に立っていました。
 
ウッズ選手は、過去メジャーで二日目(36H)を終えて首位だった場合、7戦7勝しています。さらに3日目(54H)終えて首位なら12戦12勝とさらに勝率が上がるのです。
 

 
今回の勝利でウッズ選手が獲得したメジャータイトルは次のようになります。
(カッコ内の数字は優勝回数です)

97年 マスターズ(1)
99年 全米プロ(1)
00年 全米オープン(1)
  全英オープン(1)
全米プロ(2)
01年 マスターズ(2)
02年 マスターズ(3)
    全米オープン(2)
05年 マスターズ(4)
    全英オープン(2)
06年  全英オープン(3)
    全米プロ(3)
07年  全米プロ(4)

タイガーウッズ選手 ラウンド前の練習で使うクラブ

タイガー・ウッズ選手のラウンド前の練習パターンは決まっています。
 
スタートの1時間くらい前にドライビングレンジに入ります。
 
最初に行う練習はSWのアプローチです。その後PW、8I、4I、フェアウェーウッド、ドライバーと徐々に長いクラブに持ち替えていきます。
 

 
ドライバーを打った後は再びフェアウェーウッド、4I、8Iと短いクラブを打ち、最後はウェッジで締めます。トータルで70~80球ほど打つことが多いようです。
 
ウッズ選手はアマチュアゴルファーにアドバイスするときも
 
「普段の練習ではドライバー、フェアウェーウッド、ウェッジと4番・8番のアイアンを打つようにすれば良い」
 
と言うそうです。
 
ウッズ選手自身もラウンド前の練習で使うクラブを変えることはほとんどありません。