ゴルフ好きの男の子ゴルフのスイング解説で、「右足で蹴る」という表現が出てきます。(このコンテンツには追記があります)
 
ゴルフにおけるこの動作を正しくイメージできるでしょうか?
 
一般的に「蹴る」というと、脚を前方に振り上げるイメージがありますが・・・。

(このコンテンツはGOLF TODAY 2014年 06月号94~95ページを参考にしています)

蹴る=踏み込む 藤田寛之プロ

雑誌ゴルフトゥデイを読んでいたら、「右足の蹴りってなに?」という記事がありました。この中で藤田寛之プロが「蹴り」について解説されています。
 
それを読んでみたら、以前体重移動をすると飛ばない?右かかとを踏みこむ動作で紹介した、「右足を踏みこむ動作」と同じだと気付きました。
 
どういうことかというと、ゴルフで使う「蹴り」は、一般に使われる「蹴り」のイメージとはかなり違うのです。
 

 
藤田プロによると、
 
ゴルフの蹴りは地面を右足で押す
 
ことです。
 
前方ではなく、横方向への動きを意識した力の入れ方ですね。
 
これはつまり、上のコンテンツで挙げた「踏み込む動作」と同じと解釈して構わないでしょう。
 
脚の「蹴り」については、GDOさんのこちらの記事も参考になります。
飛ばしのヒミツは“足裏”にあり! 吉田弓美子【優勝者スイング】

地面を押す動作によるメリットは

この押す(踏む)動作は、次のようなメリットを生んでくれます。

・下半身の粘りを生み、大きなパワーを出す
・インパクトで力を効率良くボールに伝える
・ボールを押すようなインパクトができる

 
この「蹴り」を実践するうえでは、注意点もあります。
それは
 
上体に力を入れないこと。
 
腕や肩などはリラックスしていないと、ダウンスイングで上半身から先に動いてしまいます。
 
下半身は止まったままでスイングすることになるので、
 
・体が伸びあがってしまう
・下半身に力を溜められなくなる
・右肩が前に出てクラブアウトサイドから下りる引っかけになる
 
といった弊害が出ます。
 
この点は、左の壁を作るために スイングで力を入れる筋肉はでも、「体の余分な箇所に力を入れない」として紹介しています。
 
藤田プロは、次のように語っています。

「よくスイングは下半身主導と言われますが、この右足の蹴りが象徴的な部分で、上半身に余計な力が入っていると、右足の蹴りは使えないんです」

下半身を安定させて、地面に踏ん張る形をアドレスで作り、重心を下にすることで地面を押せるようになるのだとか。
 
私は打ちっぱなしなどの練習では、「蹴り」あるいは「右足の踏み込み」はほとんど意識していません。
 
今後はできるだけ「蹴り」も意識するよう心がけてみます。
 
(その他にも意識することがいろいろありすぎますけど・・・)

※追記
訪問者さんの判断を迷わせてしまうようですが・・・
 
別コンテンツで紹介している、吉本巧コーチの教材では「蹴りは意識しないほうが良い」とされています。
 
下コンテンツの目次2-4をご覧ください。
吉本巧 バーディーをとるためのドライバーレッスンDVD 一軸左肩打法