ゴルフ好きの男の子ウェッジについての話題を二つ。
 
大山志保プロがSWやPWを選ぶ時、最も重要視しているのは「バンス角」です。
 
バンス角とは、クラブをスクエアにソールした時に、リーディングエッジがどれだけ浮いているかを角度で表したものです。

バンス角が大きいとバンカーから脱出しやすくなります。
 
しかし反面、ヘッドが地面にはねかえりやすくなるためにグリーン周りでのアプローチはミスが出やすくなります。
 

 
つまり、バンカーが苦手なら大きめのバンス、アプローチが苦手なら小さめのバンス角のSWを使うのがひとつの目安になります。
 
大山プロが重要視している「バンス角」ですが、「○○度がベスト」とは一概には言えません。目的次第で変わってくるからです。
 
バンカーショットをうまく打ちたいのか、あるいはアプローチショットを重視しているかで、適したバンス角が違います。
 
自分が何を求めているかをショップの人などに相談すると良いでしょう。

ちなみに大山プロは、PWとアイアンは同じモデルを使用しています。
 
一方、AWとSWはそれぞれ別メーカーのクラブを使っています。(当コンテンツ作成時点)
 
この理由としては「顔のよさ」と「アプローチで寄せやすそうなイメージが持てる」ものを選んだからです。
 
このへんは個人の好みが出るので、アイアンからSWまで同じブランドで揃えるのも良いでしょう。自分が打ちやすいものを使うのが大事です。
 
ただし、シャフトだけはアイアンと同じ流れにするべき、と大山プロは考えています。
 

 
ウェッジの話題をもうひとつ。
 
サンドウェッジをアプローチで使う理由は「高く上げてピタッと止める」のがメインです。グリーン周りから寄せる際、ヘタに転がしたくない時はSWがもってこいです。
 
SWでのアプローチはボールの位置などを意識することでライに対応できる分、打ち手の腕が問われるテクニカルな手段と言えるかもしれません。
 
そこで、SWでボールを高く上げるためのポイントとしては、

・両手は左腿の内側
・ボールはスタンスのセンターに置く
・体重は左足に多めにかける

 
この状態からテークバックは低くとり、ゆっくりしたテンポでリーディングエッジをボールの下へ滑らせます。
 
払うような意識で打つと良いでしょう。打ち急がず、ゆったり打つのがポイントです。