ゴルフ好きの男の子私の先輩に、アイアンがものすごく上手い人がいます。
 
ドライバーの飛距離は私とあまり変わらないか、私の方が飛ばすくらいなのですが、アイアンでいつも差がついてしまいます。スイングもすごくキレイなんですよ。
 
あまりにも差があるので、「アイアンのスイングで心がけていることってありますか?」と先輩に聞いてみました。

すると答えは・・・
 
「バックスイングとフォロースルーでの二つのL字」
 
でした。
聞いてすぐはピンとこなかったものの、先輩のスイングを見ていて納得しました。
 
バックスングとフォロースルーそれぞれの中間点で、シャフトと腕がL字になるのです。
 
つまり、

・バックスイングの中間点では真っすぐ伸びた左腕とシャフト
 
・フォロースルーの中間点では真っすぐ伸びた右腕とシャフト

 
がL字型になるので、「二つのL字」というわけです。
 
先輩いわく、これを心掛けていると
 
・脇を締めたスイングができる
・ミート率が上がる
・正確性が増す

 
のだそうです。
 
私も「2つのL字」を意識してみたら、確かになかなかいい感じです。一度お試しあれ。

プロのスイングとターフの取れ方「ゴルフダイジェスト」の記事

「アイアンがうまい人」にちなみ、うまい人のターフに関する記事を紹介します。
 
雑誌GOLF DIGEST 2012年 10月号に、「ターフの長さとカタチ」という特集がありました。
 
上級者のアイアンショットで作られるターフの形とインパクト時の特徴を挙げた記事です。ポイントをまとめて紹介します。
 
◆池田勇太プロ
ターフの形 
・まっすぐ長く取れる
 
スイングの特徴 
・左手の甲とフェースの向きは揃えたまま、フェースを返さずに目標方向に長く押し込む
・肩は開かず、胸は閉じたまま、体重は左足に乗せている
 
 
◆深堀圭一郎プロ
ターフの形
・入口も出口も緩やかで左右の深さも均一
 
スイングの特徴
・右足を内側に蹴る 大きく左に体重移動している
・左肩、左腕、クラブのヘッドが一直線
 
 
◆松山英樹選手
ターフの形
・ヒール側が深く入る(一流の証とされる)
 
スイングの特徴
・上体の前傾をキープしたまま、手元が低く降りてボールを上から打ち込む
 
 
◆薗田峻輔選手
ターフの形
・入口は浅く入り、出口は深く抜ける ドローの跡
 
スイングの特徴
・右ひざが左ひざに寄った適度な体重移動
・頭はしっかり残り、胸の前でスクエアにインパクト
 
 
アイアンショットの際は、時にはターフの形をチェックしてプロの例と比較してみてはいかがでしょうか。