ゴルフ好きの男の子「ボールが右に行くのを防ぐために、スイング軌道を左に向ける」という対処は、ゴルファーであれば一度は実践したことがあるのではないでしょうか。
 
これに対してDプレーン理論では、軌道を変えるのではなく、まずはフェース向きの調整で対処します。

ゴルフダイジェストオンライン(GDO)には、Dプレーン理論によるスライスの直し方を青山充コーチが解説したコンテンツがあります。
 
青山コーチは、スライスを防ぐポイントとして、
 
・右に飛ばすのを防ぐためのフェースの向き
・フェースの向きを調整する応急措置
・ステンスや肩のラインでの注意点

 
などを挙げています。