ゴルフ好きの男の子ショートアイアンでは、他のクラブ(ドライバーやロングアイアン)と違って、距離よりもコントロールが重視されます。
 
そのため、ショートアイアンでは体重移動がほとんどありません。
 
アドレスの時点で体重は左足に乗っており、頭の位置はボールの真上か左側にあります。右耳の真下にボール、と心がけるとわかりやすいです。

重心は左寄りになりますが、背骨はまっすぐなままです。体重移動はありませんのでベタ足で構いません。
 

 
距離が短いからといって、腕だけで打ったり、手首だけで打つとダフリやトップの原因となってしまうので注意が必要です。
 
ショートアイアンを使う際は、ボールをいかにグリーンに乗せ、カップに近い場所に落とせるかがポイントになります。方向の正確性は非常に大事です。
 
ショートアイアンが上手い私の友人は、正確さを高めるコツとして
 
「ボウリングのスパットのように、自分に近い所に適当な目印を見つけ、まずはそこにフェースを直角に合わせる」
 
と語っていました。
 
スパットとは、ボウリングのレーンについている矢型の目印で、投球の際にはこのスパットを目がけて投げます。はるか遠くにあるピンを見て投げるよりも、目標が近くなるので投球の正確性が増すのです。
 
ショートアイアンでもこの考え方を応用します。
 
自分のボールとカップを線で結び、自分から1~2mくらいの範囲でその線上に適当な目印(芝の荒れや枯れ葉など)を見つけて「スパット」にします。
 
目印への線に対して、フェースを直角に合わせることで、正確性が高まるわけですね。
 
またその人はショートアイアンのコツとして、

・まずフェースを合わせる→構えるの順番を守る
・スタンスは常にオープン気味にする しかし、両肩は飛球線と平行にする

 
とも話していました。