ゴルフ好きの男の子ショットした球が左に出るのは、ヘッドがスイングの外側から入っていることが理由です。

「植村啓太のスマートゴルフ」で、ヘッドが外側から入ってくる場合の対処法が紹介されていました。
 
ヘッドが外から入る原因のひとつに、ダウンスイングの開始時点でクラブが立っていることがあります。

その対処法として、植村プロはクラブを右手一本で振ってみることを勧めています。
 
右手一本でスイングをすると、クラブの重さを普段よりも感じることができます。すると力でクラブを立てることが無くなり、ダウンスイングの開始時点でもクラブが立ちません。
 
最初はゆっくりと、ヘッドの軌道を確認しながら振ります。出球の方向も目で見て確認します。
 
この時の感覚を両手で打つ時も再現できれば、左への出球も改善していきます。
 

 
植村啓太プロが勧める、球が左に出る場合の対処法をもうひとつ紹介します。
 
ダウンスイングを始める時にクラブが立っていると、右ひじが外側を向いた状態でスイングされる、という特徴があります。
 
脇が開いたままダウンスイングをするような格好になるのです。
 
そのため、脇を締めるように意識し、右ひじを下に向けながらダウンスイングを始めれば、トップの位置でクラブが立つことはありません。
 
トップでのひじの向きは、自分では意外と意識できないものです。自分のスイングを誰かに撮影してもらい、一度チェックしてみましょう。
 
次のページへ続きます。