ゴルフ好きの女の子以前「ラウンド前練習の例 木戸愛プロの24球」のコンテンツで、木戸愛プロのスタート前練習メニューを紹介しました。
 
これと同じような記事として、雑誌「ALBA」に、芹澤信雄プロのスタート前練習の例がありました。
 
この記事は、寒い季節のラウンドという前提があり、いかに体を温めるか、24球(ひとカゴ)で何を打つか?が解説されています。

寒い時期は、いい球を打つことより体を温めることを優先させましょう。
 
練習場では、不安を取り除くため、とにかく真っ直ぐなボールを打とうとしてしまいますが、それだと当てるだけのスイングになってしまい、本番で役に立ちません。
 
寒い季節以外にも参考になる内容なので、ポイントをまとめて紹介します。
 
(このコンテンツは、アルバトロス・ビュー 2017年2/9号63~67ページを参考にしています)

スタート45分前 パット練習

芹澤プロの場合、寒い時期はまずパット練習を行います。
 
最後にパッティングをすると、せっかく温まった体が冷えてしまいます。寒い季節は先にパット練習をして、練習場で体を温めましょう。
 
パット練習では、上着は着たままです。(体が温まってきたら、脱いでもかまいません)
 

スタート35分前 ストレッチ 芹澤プロのメニュー

5分間ほどストレッチを行い、体をほぐします。
 
芹澤プロから行うメニューは以下のとおりです。

・両足を広げて膝が前に出ないように腰を落とし、股関節を伸ばす(イチロー選手がよく行っている動作) 
 
・上の姿勢から上体を前屈させて両かかとをつかみ、肩甲骨と股関節を同時にストレッチ
 
・クラブを両手で持ち、そのまま上から後ろへ回し、肩甲骨をほぐす 
 
・前屈してつま先をつかむ 体が硬いなら、膝を曲げてつま先を触った後、膝を伸ばす