ゴルフ好きの男の子ディボットとは、アイアンショットなどで、えぐるように芝が切り取られた跡のことをいいます。
 
ドライバーショットはバッチリだったのに、セカンドショットがディボットから、というときは少なからずショックを受けるものです。
 
それだけに、ディボットにボールが入った時はまず落ち着かなくてはいけません。

「難しい」という先入観から不安を感じながらアドレスに入ると、テークバックが早くなったり、余分な力が入ったりして大きなミスを誘発しかねないからです。
 
ディボットに入ったボールを打つ際は、とりあえず7番か8番のアイアンを選びます。
 
ディボットの深さによってはロングアイアンなども使えますが、自信が無ければ残りの距離にかかわらず7番か8番のアイアンが安全です。
 
フェアウェイウッドはシャローフェースタイプでない限り難しいのではないでしょうか。
 

 
スイングはV形軌道を意識する必要があるのでダウンブローに振り下ろし、打ちこむ意識を持って鋭角気味の軌道でフィニッシュします。
 
ディボット跡でのショットのポイントを挙げます。

・ベアグラウンドでのショットとほぼ同じセットアップで対応できる
 
・スタンスも飛球線に対して平行でよい
 
・クラブはやや短めに持つ
 
・ボールはスタンスのセンターよりもやや右へ
(これによりスイングの最下点手前でボールをヒットできる)
 
・重心は7割ほどを左足に
 
・バックスイングではコックを早めに使ってもよい
 
・思い切りよく、コンパクトにスイングする
 
・スイング中はヒザに緊張感を与えておく

 
動揺することなく、「ディポットでもセンターに止まったからラッキー」と考えて、平常心を保つのが大事です。
 
ちなみに寒い冬の時期は芝が成長しなくなるので、ディボット跡が目立つようになります。

林の中から出す際のクラブ選択とスイング

ドライバーショットを林の中に打ち込んで、とりあえず真横のフェアウェーにしか出せない、という状況を想定してみます。
 
フェアウェーまでの距離が20~30ヤードというケースでは、クラブは何を選択すれば良いでしょうか。
 
距離だけを考えればAWやPWあたりが選択肢になりますが、6~8番のアイアンも場合によっては有効です。
 
6番は木の枝が低いときの選択クラブです。
 
このようなロフトの少ないクラブを使って確実に20~30ヤード先を狙うわけです。
 
ロフトの多いAWやPWではダフってしまう確率も高くなります。
 
その際のスイングではクラブを短く持ち、ボールは右足よりの位置。
 
テークバックではコックをほとんど作らず、フィニッシュを低くして打ち出します。
 
こうするとジャストミートの確率が増し、方向も安定します。
 
林からのショットのクラブ選択についてはこちらもご覧ください。
林からの脱出にはどのクラブ?ドライバーと打ち方