ゴルフ好きの男の子ここまで、夏ラフからのショットについて紹介してきました。
 
前ページ:夏ラフからアプローチを打つコツ
最初のページ:夏のラフ対策 ボールは芝に浮いている
 
このコンテンツでは、夏ラフからのユーティリティを使う場合のコツをまとめます。
 
(このコンテンツは、雑誌GOLF TODAY 2014年 08月号89~99ページを参考にしました)
 
ユーティリティは、これまでよりもさらに「払い打つ」イメージが強くなります。

◆ユーティリティを使う
 
ボールが完全に浮いているケース
・フェースはスクエアにして、それ以外は下の「ちょい浮き」のケースと同じ打ち方でOK
 
・下で書いているように、ヘッドを球から少し後方にソールするのがポイント
 
 
ボールがちょい浮きしているケース
・ソールを滑らせて払い打てば、ヘッドが芝に潜って芯で打てる
 
・アドレスでは、ヘッドを球から少し(ボール3~4個分)後方にソールする
 
・フェースは少し開く スタンスもややオープンに これによりヘッドの抜けがよくなる
 
・手順としては 普通にソール→フェースを開く→ボール後方にソールし直す の順番で
 
・ここからいつものスイングすることで、ソールを滑らせて払い打つイメージが自然に起きるので低いフォローが取れる
 
・払い打つ意識が強すぎてスイング自体が変わってしまうと、右肩が下がってダフる、などのミスショットになりやすい
 
・フォローではグリップエンドが体に向いているのが理想的 低いフォローがとれてボールが自然に上がる
 
 
ボールが完全に沈んで接地しているケース
前ページのアプローチのケースと同様に、フェースは開き気味にして、カット軌道に打つ
 
・スタンスはオープンで、スタンスどおりに打てば自然とアウトサイドインになる
 
・グリップは短めに持つ
 

 
ちなみに、クラブデザイナーの宮城裕治氏は、夏に多い「ちょい浮き」ラフでは、アイアンよりもユーティリティ(以下UT)を使うよう勧めています。
 
その理由は・・・

・UTはアイアンよりもソールが広いので芝の上をソールが滑りやすい
 
・後方に重さがあるので、多少ミスヒットしてもボールが上がりやすい
 
・飛距離が出るので、非力な人には強力な武器となる

 
・・・といったものがあり、より具体的には

「160~200ヤードの番手、アイアンで言えば、6番から3番アイアンの距離でUTは使えますが、ラフが苦手というアマチュアには、是非6番アイアンからUTを使うことをオススメします」

と解説されています。
 
もう少し補足を。
 
ソールが逆三角形になっているウッド型UTは、ソールが平らなアイアン型UTより抵抗が少ないので、ラフでの抜けが良くなります。
 
こうした違いはありますが、アイアンが得意な人はアイアン型UTを、フェアウェイウッド(FW)が得意な人はウッド型UTがお勧めです。
 
ちなみにFWを夏ラフに使うと、ソールが広すぎて芝に沈みにくいケース(トップの原因となる)が多いようです。
 
UTのソール幅が「ちょい浮き」ラフにはちょうど良い、といえるでしょう。
 
またUTはFWよりも短いのでミート率が高くなり、縦に振りやすいのでラフでも振り切れます。
 
 
ゴルフ好きの男の子以上、夏ラフについてのコツをあれこれ紹介してきました。
 
もちろん、「ちょい浮き」「完全浮き」といったケースは、夏だけに限ったものではありません。
 
その他の季節でも似たような場面では、ここで紹介したコツを思い出してみて下さい。