ゴルフ好きの男の子ドライバーショットで、最も避けるべきミスは何でしょうか?
 
プロが最も嫌がるのは、左へ引っかけてしまうミスなのだそうです。

思い切り打っているうえにボールが低く出るため、ランが伸びてOBのリスクが格段に高いためです。

 
引っかけてしまう理由はいくつかありますが、最も多いのはインパクトでフェースが閉じていることです。
 
これを防ぐためのポイントが雑誌「ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー)」 2012年 6/28号24~25ページで記事になっていました。
 
要点を紹介します。
 
女性ゴルファー
 
まずはポイントのひとつ目。
 
◆切り返しから左足のカカトに体重をのせる
インパクトでフェースが閉じてしまうのは、体の回転が止まって手打ちになっているのが原因です。
 
手打ちではフェースが返りすぎてしまい、左に曲がってしまいます。
 
これを防ぐには、ダウンスイングで左足をしっかり踏み込み、体を回転させる必要があります。
 
しかし、注意点がひとつ。
左足のつま先側に踏み込むと、上体が突っ込んでしまいます。
 
そこで、左足のかかとに踏み込むよう意識すると、体重移動に加えて体の回転もスムーズにできます。手と体が同調して手打ちを防げるので引っかけしなくなります。
 
ポイントのふたつ目。
 
◆右足の蹴りを我慢し右膝は左に寄せる
右足を蹴ってしまう(右足のかかとが上がる)と、右膝が前に出てしまいます。
 
右膝が前に出ると、右肩も前に出てクラブが上から下りることになり、フェースが閉じるのです。
 
これを防ぐには、
 
・右足カカトは地面に着けておく
・右膝は前ではなく左膝に寄せる

 
意識を持ちましょう。
 
ここまでをまとめると、ドライバーの引っかけを防ぐには、両足のカカトがポイントと言えるでしょう。
 
左へひっかけてしまう原因はこれだけではありませんが、まずはカカトを意識してみてはいかがでしょうか。