真っすぐ飛距離を出すための心がけ 注意点などをまとめています

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

遠くに・真っすぐ飛ばす記事一覧

飛距離を伸ばす二つのコツ

ドライバーの飛距離を伸ばすためにはいくつかのポイントがあり、体の捻転(ねじれ)を強くするのはそのうちのひとつです。両肩が腰に対して90度ターンし、そのねじれを元に戻そうとする力を利用して、ボールを叩く力を上げるのです。ゴルフにおいて体の柔軟性を上げるよう勧められる理由のひとつは、この捻転をスムーズに...

≫続きを読む

 

大山志保プロ 飛ばすコツ バックスイングなど

大山志保プロがドライバーで飛ばすために意識しているポイントは次の二つです。・バックスイングの際には右のヒザと土踏まずにしっかりパワーをためる・腰の回転を速くし、腕が振り遅れないよう注意する振り遅れを防ぐため、大山プロはバックスイングは腰の高さまでで止めるようイメージしています。ちよっと意外ですが、大...

≫続きを読む

 

スライスの対処法 考え方やスタンス 前傾

何とも初歩的なことかもしれませんが・・・ドライバーショットで意図せずスライスが出た場合、次のドライバーショットではどちらを向き気味にして打ちますか?右に曲げたくないと、左を向いて(オープンスタンスで)打ったりしていませんか?これは間違いです。左を向けば向くほどスライスの度合いが大きくなります。オープ...

≫続きを読む

 

飛ばすコツ 服部真夕選手 ブッチハーモン

ゴルファーであれば、誰でも「飛ばしたい」と願うものです。しかし、飛ばすためにドライバーを目いっぱい振り回すとか、あるいはインパクトで力を込めるなどの方法は間違っています。こういったスイングをすると、思いっきりスライスしたりしてロクな結果は出ません。間違いだとわかっていても、無意識についついやりがちな...

≫続きを読む

 

石川遼選手 飛ばしのコツ 力はいらない?

09年10月31日の東京スポーツ新聞に、国内男子ツアー・マイナビABCの記事が載っていました。その18番パー5で、石川遼選手がなんと360ヤードのビッグドライブを放ったのです。石川選手はこのショットで「飛ばそう」という意識は無かったそうです。記事によると「あれだけ飛ぶ時は意外に力を入れていないんです...

≫続きを読む

 

アウトサイド・インと左つま先 横峯選手は?

スイング軌道がアウトサイドインになると、打球がスライス(フェード)気味になることはよく知られています。私が以前スイングを習った際、アウトサイドインをチェックするための、あるポイントを指摘されたことがあります。そのポイントとは・・・フィニッシュで左足のつま先が飛球方向に向いていないかどうかです。つま先...

≫続きを読む

 

芹澤信雄プロ下半身主導で飛距離アップ練習法

雑誌「Golf Today」の2014年4月号に、「チーム芹澤 ヒミツのドリル」という特集がありました。「チーム芹澤」とは、芹澤信雄プロ、宮本勝昌プロ、藤田寛之プロ、上井邦浩プロの四人で、各プロが「困ったときにやっている効果テキメン練習法」をまとめた特集です。このコンテンツから数回に分けて、記事のポ...

≫続きを読む

 

藤田寛之プロ 右手だけスイング 曲がり解消練習法

前ページに続き、雑誌「Golf Today」2014年4月号の特集「チーム芹澤 ヒミツのドリル」のポイントをまとめます。前のページはこちらです。芹澤信雄プロ下半身主導で飛距離アップ練習法今回は、2012年賞金王・藤田寛之プロの「タチの悪い曲がりを解消する右手一本打ち練習法」です。藤田プロは、この練習...

≫続きを読む

 

竹村真琴プロ ラウンド前にホースで素振り 曲がりを防ぐ

このサイトでは、「力を抜くための素振り」をいくつか紹介しています。「ごくゆっくり振る」「すごく軽いものを持っている意識で振る」など、自分に合う方法を実践しているゴルファーも多いのではないでしょうか。雑誌GOLF TODAY 2014年 05月号に、竹村真琴プロの「ホース素振り」の記事がありました。ラ...

≫続きを読む

 

原江里菜プロ アマチュアが飛ばない理由 顔の向きと上体の開き

雑誌「ゴルフ・トゥデイ」の2016年2月号を読んでいたら、飛ばすためのコツに関する記事がありました。これまでにこのサイトで紹介していない内容で、しかも簡単に実践できそうなので、ポイントをまとめてみます。(このコンテンツはGOLF TODAY (ゴルフトゥデイ) 2016年 2月号54〜55ページを参...

≫続きを読む