当てに行くアイアンスイングでのミスを防ぐポイント

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

藤田寛之プロアイアンスイングの”加齢対策” 頭を残す

前ページドライバーの飛距離と精度が落ちてきた時の対処法 まで、ドライバースイングにおける”加齢対策”を紹介してきました。

 

このページでは、藤田寛之プロが実践する、アイアンでのコツをまとめます。

 

 

雑誌「新ゴルフトゥデイ」2017年8月号22〜23ページを参考にしています。

 

 

当てにいくスイングによるミスの多発

ある程度の年齢に達してくると、いろんな要因で思うように打てなくなってきます。

 

すると、どうしても手先で当てにいくスイングになりがちです。

 

 

こうしたスイングでは、

 

・ワキが開いて振り遅れる
・当たりが薄くなる

 

ため、ダフリやトップ、ヒッカケ、スライスなどありとあらゆるミスが発生してしまいます。

 

 

それにより「当たらないイメージ」が強くなり、スイングはますます小さく、当てにいく傾向が悪化してしまいます。

 

負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

(これは管理人だけかもしれませんが、アイアンのミスって悲惨になりがちなので、ネガティブなイメージが強く残りませんか?)

 

 

これを防ぐために、藤田プロが実践しているポイントはこちらです。

 

頭を残すことを意識する

当てに行くのがNGである最も大きな理由は、頭が動いて軸も動いてしまうことです。

 

 

頭を残すと軸が生まれてブレずに安定します。

 

 

すると軌道もブレないのでヘッドがしっかり戻り、クリーンヒットします。クラブが加速しながらフォローにつながるのです。

 

 

また、頭を残して振るとヘッドが確実に先行します。手首も自然に返ってフェースもターンし、球がつかまるので番手なりの距離が出るようになるのです。

 

 

藤田プロの解説です。

 

地ベタから打つアイアンは、少しでもインパクトポイントがズレればミスに直結。軸を保つことがなによりも重要です。

 

にもかがわず、手先で打ちにいったり、飛ばそうとリキむから、頭が先行する最悪の形になりミスを招くのです。

 

大切なのは「頭」を残して振り切ること。

 

このビハインド・ザ・ボールさえできれば、勝手にクラブは加速してフェースも返るから、ビシッと球をつかまえられます。

 

 

ここで、コツをひとつ。

 

漠然と「頭」を意識するのではなく、

 

「左のこめかみ」や「頭の右サイド」など固定したい部分をピンポイントで意識する

 

と、動きを効果的に抑制できます。

 

 

頭を残すスイングで意識しておくべきこと

注意点を二つ挙げます。

 

頭の”正しい残し方”とグリップについてです。地味ですが、大事なのでおろそかにしてはいけません。

 

頭を傾けるのはNG

頭を残すといっても、両目のラインが傾くのはダメです。

 

これは頭が傾いている=軸が倒れていることを意味します。

 

 

軸が倒れていてはスイング軌道が狂い、すくい打ちなどのミスを招きます。目線は地面と平行に保つよう心がけましょう。

 

ストロンググリップを推奨

グリップもポイントです。

 

藤田プロは、ストロンググリップを勧めています。理由は以下のとおりです。

 

・手先で当てにいく動きが抑えられる
・手首が勝手に返るのでつかまりやすい

 

 

グローブのマジックテープが上を向くくらい手の甲を上に向けてOKです。

 

指の付け根にクラブを当て、親指が内側に回り込むように握りましょう。手の平で握ると、意識的に手首を動かさないと返らなくなります。

 

 

 

以上のコツは、年齢を感じていないゴルファーにも、もちろん使えます。

 

アイアンのミスが多いなら、”頭を動かさず、軸をブラさない”意識でスイングしてみて下さい。

 

次のページではアプローチにおける加齢対策を紹介します。